デジタコの価格相場はどれぐらいか

現在、一定以上の重量を有する貨物自動車については、タコグラフの装着が法律によって義務付けられています。また、義務化されていない車両についても、運行管理の適正化・効率化といった観点から自社の営業車両にタコグラフを装着する企業が増加する傾向にあります。こうしたことから、タコグラフの売上は年々増加してきていますが、中でもシェアの増加が著しいのはデジタコです。デジタコとはデジタルタコグラフの略で、従来のアナログタコグラフが車両の走行状況を紙の上に記録していたのに対し、電子データとしてメモリーカードなどのデジタル記録媒体に記録するという違いがあります。

アナログ式と比べた場合、デジタコにおける最大の特徴となるのが多様な機能です。デジタル化されたことによって収録できるデータの量及び種類が格段に増えることとなり、走行時間や走行中の速度だけでなく急ハンドルやガソリンの減り具合なども記録できるので、ドライバーに対する安全教育をよりきめ細かに行えるようになるとともに、コスト意識の醸成を促すこともできるようになります。デジタコの価格はアナログ式に比べると総じて高めですが、具体的な金額は上に述べたような機能をどの程度搭載しているかによっても異なってきます。低価格モデルであれば本体価格が5万円前後というのが相場ですが、多機能型だと10万円台、ドライブレコーダーと連動させてさらに多くの情報を管理できるようなタイプであれば20万円台というのが標準的なところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です