デジタコ導入も機能を減らせば価格は抑えられる

タクシー業界のみならず、運送業界を経営している人にとって現在悩みどころなのが、デジタコをどのように設置して導入していくかということなのではないでしょうか。最近国土交通省が、増え続ける交通事故を懸念し、かなり広い範囲の車両に設置を義務付けるようになっためです。確かにタコグラフなどを用いれば、事故時の情報などがかなり正確にわかるようになるため便利ではあるものの、やはり経営者としてはデジタコの導入費用をどのようにねすべきかなるといったことで悩んでしまうのではないでしょうか。しかしながら実は現在はアナログタイプだけではなくて、デジタコも登場してきているため、結果的に導入をすると企業全体の生産性がアップしたというような事例が増えてきています。

アナログタイプであると、そのデータを読み取るためにかなりの知識や経験などが必要となってしまったりしたことや、日誌に書き写す時に一人一人文の労力などがかかってしまうという問題点があったのですが、価格がするデジタル化されたことによって、そうした労力が省けるようになったためです。クラウドなどを通じてリアルタイムで、そのままデータが記録されます。いちいち書き写す手間なども必要ありませんし、結果的に生産性はアップするのです。そのため労働時間などが結果的に短縮することができるようにもなり、無駄な価格出費を抑えることができるという傾向があったのです。

また価格は高くなるもののリアルタイムでドライバーがどのような走り方をしているか、などといったこともクラウドなどを通じて直接分かるようになっている仕事の配分などもやりやすくなる傾向があります。デジタコの価格のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です