価格面でデジタコ設置が難しいのならば

運送業界で今注目されているのが、タコグラフの設置です。年々増え続ける交通事故などを心配した国土交通省が、中型トラック以上のすべての車両に設置を義務付けるようになったためです。こうした決定は、確かに車両を使って運営をする企業にとって打撃ともなるものですが、しかしながら今では大変機能性の高いタコグラフ、デジタコが出てきていることによって、結果的に生産性がアップしたというようなことも起こっています。デジタコというデジタルタイプのタコグラフが登場してきており、それらを利用することによって、価格はするものの利便性が非常に高くデータを読み取る知識なども必要なくまた文法西などに書き写す手間なども省けるようになったためです。

またクラウドなどと連携することによって、リアルタイムでドライバーの状況などが把握できるようになるため新しく仕事が入ってきたような時などに一体誰に割り振るべきか等と言ったことの判断も的確に素早く行えるようになっています。AIなどを活用すれば、そのようなことを自動的に行ってもらえるような機能さえあるのです。デジタコ一台あたりの価格相場は、15万円から20万円程度とされています。是非とも一刻も早く導入し企業の運営をより効率的にしていくことを考えていきましょう。

これがとは言え義務化に伴って国から助成金などが支払われることなどもありますので、よく価格の点について注意しておくことでお得に導入していくことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です