デジタコの最適価格を決めるには

デジタコの導入によって、エンジンの回転数を初めとした運行状況や位置情報を詳細に記録できるようになり、安全管理の改善は進みつつあります。従来からあったアナタコによる記録は制限的で、緻密な安全管理を行うにはやや不向きでした。デジタコはメリットが多く、運送業界は速やかにデジタルへ移行するように見られました。しかし保有する車両全てについてアナログからデジタルへ変更した上、さらに管理システムを設置しなければならず、多大なコストが求められます。

そのせいもあってか当初見込んだほどデジタルへの移行は進んでいません。やはりデジタコの価格が、普及までに至らない大きな要因のひとつになっているでしょう。そこでデジタコの価格をいかに抑えられるかを考える必要があります。もちろん予算を定め、その範囲内で商品を選ぶという直接的な方法も可能です。

ただ予算から商品を選択すると、業態に適した商品に手が届かない可能性が生じます。たとえばアルコールチェッカーが付属できないといったケースです。やはり大切なことは何を重点的に管理したいのか目的を明確にすることです。目的を疎かにしたまま導入すると、せっかくの設備投資にもかかわらず意義を失いかねません。

操作性についても同様です。操作性はできればシンプルにこしたことはないでしょう。慣れるまでに時間が掛かる商品であれば、安全管理に効果が現れるまで時間を要するからです。直ちに効果を発揮したいなら操作性に優れていること、その上でどこまで必要な情報を絞れるかで価格を見極めることが大切でしょう。

デジタコの価格のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です