義務化されたデジタコの情報をしっかりチェックしよう

最近増加し続ける事故を減らす目的と、安全な交通社会の実現のために、国土交通省が中型トラック以上のすべての車両に対してタコグラフの設置を義務付けるようになりました。事故時の状況などを正確に把握することで、事故の原因などを追求し、数の減少を目指そうと考えているためです。こうした義務化決定は車両へのタコグラフの導入が難しい企業にとっては、頭の痛い決定ということが言えるかもしれませんが、一度導入さえしてしまえばかなり多くの恩恵を企業にもたらしてくれるのがデジタコです。かつてのようなアナログタイプのみならず、現在はデジタルタイプのデジタコも登場してきていることによって、かなり利便性が向上しているというのが実情なのです。

アナログタイプであれば、しっかりとそれを読み取るための手間などもかかってしまう等といった問題点もありましたが、そのようなことを心配する必要がデジタコであるとありません。記録されたデータは自動的にパソコン常に読み取りやすい形で保存されていくようになっているのです。デジタコの平均相場は、大体15万円から20万円と確かに決して安いものではありませんが、上手に機能などを絞り込んでいくことによって、アナタコとほとんど変わらない5万円程度の商品などもあります。また義務化に伴って国が助成金を出すような動きを見せていますので、そういった義務化の情報を日々チェックすることによって、かなりお得に導入していくことが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です