義務化されたデジタコ導入では必要な機能を見極めよう

タクシー業界や運送業界に勤めている人にとって、義務化されているタコグラフというものを知らない人はいないでしょう。もちろんこれは速度や停止時間などを記録する計器のことです。しかしこの計器が現在ではアナログタイプだけではなくて、デジタルタイプのものも登場して大変利便性が向上しているということは、あまりご存知の方がいないかもしれません。結果的に生産性アップ繋がったという声もよく上がっています。

また機能の高いデジタコなどではクラウドなどと連携することによって、随時企業にとって必要な機能などを拡張していくことなども可能ですし、ドライバーの状況が把握できるようになるため急な仕事の依頼などが入った時などにもどのドライバーに回すべきかなどといったことが的確に判断できるようになっているのです。料金相場としては1台あたり12万円から20万円程度とされていますが、必要な機能などを適切に絞り込めば、義務化されたとはいえアナログタイプとほとんど変わらない5万円程度のデジタコも販売されています。また最近の義務化に伴って国が助成金を支払うような動きも見せていますので、そうしたことも随時チェックし、できるだけお得にデジタコ導入を済ませるように心がけていきましょう。しっかりと導入さえすることができれば結果的に企業全体の生産性がアップするということは、間違いなく言えます。

インターネットなどを使えば、どういった昨日の商品があるのかなどといったことを簡単にわかりますので、日頃からそうしたチェックをしっかりと行い最適な商品を導入できるようになっておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です