デジタコ搭載車が義務化で増えてきている

街中を歩いていると、タクシーやトラックなどにデジタコを搭載という表示が書かれているステッカーが貼られているものがあることに、気づいている方も多いかもしれません。最近はこのデジタコの設置というものが義務化され大変業界で注目されるようになってきています。タコグラフというのは、車両がどのような速度で走りどれくらいの時間停止していたかなどといったことを記録する計器のひとつですが、アナログタイプであるとその情報が紙に記録されるようになるためそれをしっかり人が読み取って行かなければいけないといった問題点がありました。しかしデジタコであれば、そのような手間が一切省けすぐリアルタイムでパソコン上にデータが記録されていくというメリットがあるのです。

その結果一日取り分の労力などが削減できるようにもなりますし、確実に事故の状況などが把握できるようにもなるため、交通事故の防止に役に立つと考えられるようになっています。価格相場としては10万円程度と決して安い買い物ではありませんが、機能性などを的確に絞り込むことによって、かなり安く済ませることなども可能です。結果的に生産性がアップするということも考えてどのくらいの機能が欲しいかということを考えていきましょう。そういった情報はインターネットので、しっかりと調べればわかりますし、最近の義務化に伴って助成金なども支給される動きなどを見せていますので、義務化に関する記事も忘れずにチェックしておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です