クラウド型のデジタコの優れた点

データをオンラインで見ることができるクラウド型のデジタコは、リアルタイムでデータを確認することができるという特徴があります。運転中に記録した位置やスピードなどの情報を、必要なときにインターネットで手軽に確認することが可能な機器です。データはインターネット上にありますが、誰でも見られるというわけではありません。基本的にIDやパスワードを知っている人だけが見られるようになっています。

それまでのデジタルタコグラフメモリーカードにデータを保存するような仕組みになっているのが一般的でした。しかしその場合にはカードの実物を受け取らなくてはデータを確認することができません。その点、クラウド型のデジタコは離れていながら車の走行状況を知ることができます。リアルタイムの位置情報や車の様子を知ることができるクラウド型のデジタコは、ドライバーが気になる運転をしているときにはその場で連絡をして注意や指示をすることができます。

これにより事故を未然に防ぎ、安全に業務を行うことができるでしょう。リアルタイムで車の状況を把握できれば、空きのある車を効率よく活用することが可能となります。ドライバーにとってもクラウド型のデジタコは魅力があり、導入されれば業務の負担が軽くなる可能性が高いです。日報の作成に時間がかからなくなり、定期報告の手間も減るでしょう。

さらに運転についての評価も公平なものとなるというメリットもあります。クラウドやデジタコのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です