クラウドデジタコの導入により業務効率化

業務効率化をめざす運送業界で義務化の動きがあるクラウドデジタコですが、導入することによってどのようなメリットがあるのでしょうか。従来利用されていたアナロウタコグラフでも車両の運行距離や速度、運行時間などを記入することはできました。デジタコが導入されるようになり、急加速・急減速、燃費の計算などの機能が使えるようになりました。クラウドデジタコになるとWIFIを導入することで、クラウドにデータの保管ができるようになりました。

同時にデータをリアルタイムで共有することができるので、会社にいる車両管理者も一覧で運行車両の管理ができるようになったのです。リアルタイムでデータ取得が可能になると、運行中の多くの車両の運行状況が把握できます。最も近い車両を顧客のもとにより早く到着させるということもできます。車両を効率的に配車を行うことでガソリンの無駄な消費を防ぐことにもなるのです。

運転者の労務管理もクラウドを通して即座につかむことができます。長時間運転で休憩が必要な運転手に休むよう指示したり、運転スピード超過の事実が分かれば即時に注意ができるのです。運転者は日報作成の必要がなく、効率の良い働き方を実践できます。実際の運行データに基づいた安全運転の励行も徹底できます。

むしろクラウドデジタコを導入することで社内の安全に対する意識向上にも結び付くのです。補助金などの制度もありこれから普及が加速されていけばより業務は効率化されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です