クラウド型のデジタコとは

クラウド型のデジタコはデータをオンライン上に集積し、必要な時に簡単に確認することが出来るというメリットがあります。従来のデジタルタコグラフはメモリーカードにデータを保存し、パソコンを使用して確認するという手間がかかりました。メモリーカードを使う必要があるため、実物がなければデータを確認できないというデメリットがありましたが、クラウド型のデジタコはネットでリアルタイムにデータを確認できるのが特徴です。自動車の運転中の速度や、走行時間・距離などを記録することができ、その場でドライバーの運転の様子を知ることができ、もし異常に気付いたときにはすぐに対処することができるのが魅力です。

クラウド型のデジタコは、ドライバーにとっても役立つ便利なアイテムといえます。これまでのメモリーカードを使用したデジタルタコグラフは、営業所に戻ってから日報を作成する必要がありましたが、これらを作成する手間がかからないため大幅に業務の負担が軽くなることが考えられるでしょう。定期的な報告をする必要があった会社でも、リアルタイムで場所や状態を確認できるクラウド型のタコグラフがあれば、わざわざ定期報告をする必要はないというメリットがあります。ドライバーの運転の様子や速度、車両の位置を手軽に確認することができるので、空いている車を有効に活用することができ、効率よく業務を行うことができるようになるという点もクラウド型のデジタコの良いところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です