クラウド型のデジタコの特徴と魅力

運行時間や速度の変化を記録することができるタコグラフは、ドライバーの安全を管理する目的で使用されることが多い機器です。装着が義務付けられている事業用のトラックもあり、アナログ式のタコグラフもありますが現在主流であるのはデジタル式のタコグラフです。そのような中で近年登場したのがクラウド型のデジタコで、それまでのメモリーカードに記録するタイプの運行記録用計器と比べると更なる進化が感じられるアイテムとなっています。クラウド型のデジタコは、一般的なデジタルタコグラフのようにメモリーカードなどのメディアは使わないのが特徴です。

データはオンライン上に集められ、いつでも見ることができるようになっています。データの記録はリアルタイムでおこなわれているので、対象となる車が今どこにいるのか、どの程度のスピードで走っているのかを知ることが可能です。もちろん誰でも見られるようになっているわけではなく、IDやパスワードで管理されています。クラウド型のデジタコが優れている点には、専用のソフトを用意する必要はないということも挙げられます。

インターネットが使える環境であれば、使うことが可能です。従来のデジタルタコグラフのデータを確認するためにソフトが必要になったことと比較すると、便利だといえます。クラウド型のデジタコはドライバーにとってもメリットが多く、日報が自動で作成されることや、運転の評価が公平であることなどが挙げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です