デジタコをクラウド化することのメリット

デジタコはデジタルタコグラフの略称で、主に業務用の車両に搭載して速度やエンジンの回転数、走行した距離などを記録する装置です。たとえば、タクシーに搭載すれば運転手が運転した時間を記録できるため、勤務記録を管理するのに役立てることが出来ます。従来は、デジタコが記録した情報は装置自体に取り付けられたメモリーカード等の記録媒体に保管し、走行終了後にこれを集計して管理する方式が主流でした。しかし、近年、インターネットが普及したこともあり記録媒体ではなくクラウド上のサーバー等に保管して管理する方式に移行しつつあります。

クラウド化のメリットとしてまず挙げられるのは、メモリーカード等に記録した場合は各車両からこれらを集めてパソコンなどで1つにまとめる作業が必要でしたが、サーバーに直接保存することでこうした作業が必要なくなることです。また、デジタコの位置情報機能を利用すれば現在の車両の位置がリアルタイムに正確に把握できるため、タクシーの配車など業務を無駄なく円滑に進められるのもクラウド化の大きな利点です。トラックの台数が多く全国規模で物流を展開している企業においては、走行状況がリアルタイムに把握できるので台数が不足している営業所に余剰がある拠点からトラックを回すといった措置も迅速に行うことが出来ます。この他にも、エンジンの状態等を即時記録して確認できるところから、不調でメンテナンスが必要な車両を素早く発見できてドライバーの安全確保にもつながるなどデジタコのクラウド化には多くのメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です