ドラレコとは事故の瞬間を残してくれる心強い味方

もしも事故を起こしてしまったら、巻き込まれてしまったら、自動車保険に加入していないドライバーはほとんどいないと思いますが、いざ保険をつかおうとしたときに、事故相手や保険会社と話がスムーズに運ばない場合があります。省略版が、すっかり愛称のようになっていますがドラレコとはドライブレコーダーのことです。主に自動車に取りつけるもので、その名がずばり示しているとおり運転状況を記録します。テレビなどで事故映像が記録されていて、それが証拠になった、という内容のニュースがよく報じられています。

そのせいかドラレコとは、映像を記録するものというイメージが強いですが、現在市販されているものは、その瞬間の速度の状態なども記録される機種がほとんどです。前方のみが映る機種もあれば、一台のドラレコで自動車後方まで記録してくれる機種もあります。エンジンを切ってすぐや、ブレーキを踏んでいるあいだも記録してくれるなど、機種によって挙動はさまざまですが、相手の車がぶつかってくる様子が映っていなくても、こちらの車が完全に停止していた証拠が残ります。衝突の衝撃で自分の車が激しく揺れる様子が映像として残ったり、体が座席に打ちつけられるほどの衝撃を感じている悲鳴や、相手に言いがかりをつけられている音声が残ったりするなど、なんらかの事故の証拠が残る可能性があります。

ドラレコとは、単に映像を記録してくれるだけではなく、事故が起こった事実を残してくれる機械です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です