デジタルタコグラフという計器の種類とそれぞれの特徴

最近はタクシー業界は運送業界でデジタコの設置が、よく話題になっています。というのも国土交通省が近年増加している交通事故の抑制などを目指して、中型以上のすべてのトラックに設置を傷つけるという決定を下したのです。こうした決定は確かに交通事故の抑制には、役に立つとはいえ授業運営者にとっては導入費用の捻出などで頭を悩ましてしまうということもあるでしょう。しかし今はかなり高機能なデジタコが増えてきているため、結果的に導入によって、売上アップを目指すことも不可能ではありません。

タコグラフと言うと紙の円盤を機械に設置して、ドライバーの状況をチャートの形で記録していくイメージがあるかもしれませんが、今はそれだけではなくパソコンと連携してデジタル管理で全ての記録を行えるデジタルタコグラフが登場してきているためです。こうしたデジタルタコグラフであれば、いままでのようにいちいちチャートグラフを読み取らなければいけないといった手間がかからなくなる上、運行日誌などにいちいち書き写さなければいけないテーマなどをも必要なくなる点で、非常に利便性が高いのです。導入費用は大体15万円から20万円程度ではありますが、機能を絞り込むことによって、デジタルタコグラフでもアナタコとほとんど変わらない5万円程度からでも道に分かるのです。よく導入の目的などを企業の目的と共に照らし合わせて、最適なものを選べるように下調べをしていくということが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です