デジタルタコグラフとは

デジタルタコグラフとは文字通りタコグラフをアナログ式ではなくデジタル式にしたものです。タコグラフとは運行記録計と訳されますが、何を記録するのかと言えば、アナログ式の古いタイプのものは、搭載した自動車がいつどれだけのスピードを出して走っていたのかという、時刻とそのときの速度を記録するだけのものでした。自動車のスピードメーターと連動したペン付きの針が、時計のように時間経過に応じてゆっくりと回転する用紙の上にそのときの速度を描いていくという、原理的にも非常に分かりやすい仕組みのものだったわけです。デジタルタコグラフも、基本的には時刻と速度を記録する仕組みは最低限備わっています。

ですが、デジタルタコグラフの形でデジタル化することで、アナログ式では実現困難であった運行に関する種々の記録を容易に実現できるようになりました。例えばエンジンの回転数、アクセルやブレーキの操作、GPSと連動させての位置情報の記録といったことです。このような情報や記録が求められるのは、マイカーでもあり得なくはないでしょうが、主として事業用の車についてです。トラックやバス、タクシーなどの場合、事業者は、ドライバーが無理な運転をしていないか、決められた休憩をしっかり取っているか等を把握して管理する責任が生じるためです。

ドライバーにとってみれば、何か監視されているように思えるかもしれませんが、実際にはその逆で、自分を守ってくれる存在と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です