デジタルタコグラフという計器の導入手順について

近年増加し続ける交通事故などを抑制する目的で、最近国土交通省はタコグラフの設置を多くのトラックに義務付けたということは、ご存知でしょうか。中型以上は基本的にこの決定によって、タコグラフを設置していなければいけないということが決まったのですが、こうした決定は事業運営者などにとっては頭の痛い決定とやるかもしれません。その導入費用などを捻出しなければいけないという問題が浮上してくるためです。しかし最近はデジタルタコグラフが多く登場してきていますので、そうした高機能のタコグラフを導入するきっかけとも言えます。

デジタルタコグラフが機能性が高いと様々な手間が省け人件費の削減などにつなげることも可能だからです。たとえばデータが今まではチャート紙に記録されていくというものが一般的でしたが、今はパソコンに読み取りやすい形でデータとしてついて記録されていくという形になります。デジタルタコグラフのため日誌などに、いちいちデータを読み取って書き移さなければいけないといった手間も必要なくなるという意味で人一人ぶんの人件費を抑えることができるようにもなるのです。さらに急発進や急ブレーキといった細かな要素まで広くされるようになるところから、危ない運転をしているドライバーがいればしっかりと注意を行うことができるようになります。

無駄な燃費消費を減らすことができるようになるので、そういった点でもコストを削減できるようになり結果的に企業全体の売上が上がるということが期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です