アナログ式よりメリットがあるデジタルタコグラフ

業務用のトラックやバスなどに、タコグラフが搭載されていることは、知っている人はあまり多くはないかもしれません。ですが、法的にそういった業務用車両には、総重量あるいは最大積載量に応じてタコグラフ搭載が義務付けられているのです。タコグラフというのは運転記録計のことで、主に運転手の安全管理の目的で使われています。速度・走行距離などが記録でき、連続運転時間などを管理することで勤務状況などを把握することが可能です。

また、ドライブレコーダーと同じように、事故に巻き込まれた時などにも分析ツールとして使うことも出来ます。タコグラフにはアナログ式のもの、そして略して「デジタコ」と呼ばれるデジタルタコグラフの2種があり、徐々にアナログ式のものからデジタルタコグラフに切り替わりつつあるのが現状です。アナログ式の構造は、計器の裏に円い紙を付けて、速度などと連動した針によって記録される仕組み、一方のデジタルタコグラフは記録データをメディアに記録することで管理が出来ます。アナログでは不可能だった様々な情報を、データ記録できる点が優れていると言えるでしょう。

また、アナログ式で記録された情報の解析には、専門的な知識が必要でしたが、デジタコであればその点もクリアできます。さらに、デジタルタコグラフの導入によって、これまで運行業務が終わった後に手書きで作成していた日報なども、データから自動的に作成が可能になったことで、業務の効率化が図れるなど多くのメリットを持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です