便利な機能があるドライブレコーダー

車の前方や車内の様子を記録できるドライブレコーダーは、もしもの時には参考資料として提出できる運転中の映像を記録しておくことができるので便利です。様々な機能がある製品が売られていますが、最近主流となっているのは加速度センサーが付いているものです。加速度センサーがついたドライブレコーダーは、衝撃を検知するとその前後の映像を記録することができるようになっています。事故が起こった時や、急停止したときにその衝撃を感知して作動するのが特徴です。

また事故時の映像は上書きされないように記録をすることができるようになっていることが多いので、見たいところが消えてしまったということがないのが便利なところです。またドライブレコーダーの中には、安全運転を支援してくれる機能を持っている製品もあります。例えば前を奔っている車と衝突するリスクがある時、高速道路で車線からはみ出そうになった時などにに知らせる機能です。他にもドライブレコーダーのなかには、運転中だけでなく駐車中のトラブルも記録できるタイプの製品もあります。

エンジンを切って車から離れた後、何かが車に起こったとしても目撃者がいなければ泣き寝入りするしかないこともあるでしょう。しかしドライブレコーダーで記録しておくことが出来れば、問題の解決につながる可能性があります。またドラレコがついていること自体によって、相手に心理的な影響を与えていたずらや盗難の対策になる可能性も考えられます。ドライブレコーダーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です