車を守るドライブレコーダー

カメラと記録装置でできているドライブレコーダーは、カメラと本体が一体化しているタイプと分離しているタイプがあります。また運転中の音声や映像を常に記録し続けることができるものと車に衝撃が加わったときに録画を記録し始めるもの、そして両方の機能を持っているものなどもあります。これらのドライブレコーダーは車に取り付けておくことで、事故やトラブルに逢ったときに出来事の詳細を客観的に見て分析することが出来るのが特徴です。しかしそれだけでなく事故やトラブルなどのもしものことが起こる前に、未然に防ぐ効果もあると考えられます。

例えばドライブレコーダーを車に取り付けておくと、運転する人は録画されることを意識して乗車することになります。そのため人目を意識した運転をしたくなるという、心理的な効果が得られるでしょう。これは運転する本人だけのことではない可能性もあります。近くで走っている車のドライバーも、録画されることを意識して運転させることができる効果も期待できるかもしれません。

運転中に感情的になることがあったとしても、その相手の車がドライブレコーダーを搭載していることにきづいたら冷静になることができることもあると考えられます。またドライブレコーダーの製品の中には、運転中だけでなくエンジンを切っているときに車への衝撃を感知して記録ができるタイプの製品もあります。車を離れている間に何が起こったのかを知ることができるので便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です