デジタルタコグラフ【デジタコ】で見落としがちな事

タクシー業界運送業界で最近話題になっているのは、タコグラフの設置です。国土交通省が事故抑止を目的に中型以上のすべてのトラックに設置を義務付けるように決定したことがきっかけとなって、タコグラフを設置していなければいけなくなりました。デジタコがもしも違反があれば、事業の運営を停止される等といったことも受けてしまう可能性があります。そのためそのような決定に頭を悩ませる事業運営者も多くなってきていますが、デジタコが一概に悪いことばかりとも言えず、結果的に最新の機能を備えたタコグラフを導入し企業の生産性アップ売上アップにつなげる良いきっかけとなる可能性もありえます。

最近はアナログタイプだけではなくパソコン常に読み取りやすい形で保存されていくデジタルタイプのタコグラフ一般的なものとなってきているため、です。急発進や急ブレーキなどといったこと細かなデータもリアルタイムで、パソコン上に保存されていくためドライバーの運転状況などが細かく分かり結果的に生産性アップにつながるということも考えられるのです。価格の相場はだいたい15万円程度と決して安くはありませんが、機能などをうまく絞り込めば5万円程度からも導入していくことは不可能ではありません。具体的にどのように活用していきたいかということを明確にして必要な機能絞り込むことによって、最終的に収支をプラスにしていくことが可能になるのです。

デジタコが時間がある時にしっかりと情報集めを行っていくことが、何よりも大切になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です