0歳児におすすめの幼児教室

幼児教育よりさらに早く開始する乳児期からの教育。我が子の将来の可能性を広げたいという親の期待とは裏腹に「弊害」もあると考えられています。そのデメリットとなる要因は主に2つあります。1つ目は「親の大きすぎる期待が子供の劣等感を生む可能性がある」ということ。

2つ目は、なんでも親に決められてしまう環境に慣れてしまった「受け身な子供になってしまう」という危険性です。親が子供に与える教育環境とは親の価値観によるものです。幼児教育を考える際には、エゴの押し付けにならないよう十分に注意し慎重になるべきです。ではどういった幼児教室が0歳児からの教育におすすめなのか。

それは「親子のコミュニケーション力を高めること」に重きを置いた幼児教室です。0歳児にも分かりやすい絵本やカードを使って親子で遊ぶこと等はコミュニケーション力を高めることに繋がります。また親子での遊びを通して脳の発達や言葉の発達、体の健やかな発達をサポートするようなカリキュラムを採用している教室も良いでしょう。例えば「ヤマハ英語教室」ではオリジナル教材を元に初めての英語を楽しくサポートしてくれます。

具体的には季節のイベントをテーマに、親子で歌遊びやカードを使って優しく英語で語りかけるという教育方法です。ちなみに現在0歳児からの幼児教室として人気があるのは「ベビーパーク」「キッズアカデミー」「ドラキッズ」等です。以上のようなことを参考に、親子で楽しめるような教室を探していただきたいです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*