【デジタコ】のそれぞれの種類の特徴を理解しよう

最近タクシー業界や運送業界などでタコグラフの設置が、話題になっているのがご存知でしょうか。国土交通省が事故抑止の目的で、中型以上のすべてのトラックにタコグラフを設置するように義務付けたためです。当然導入のための費用などがかかるわけですから、事業運営者にとっては頭を悩ます決定ではあるわけですが、見方を変えれば最近利便性が向上しているタコグラフを設置する、良い機会と考えることもできなくはありません。紙に記録された円盤を読み取っていくアナログタイプと異なり、デジタルタイプパソコン上にデータが保存されていくため、デジタコが誰でも読み取ることができ日誌などにいちいち書き写す労力もかからないという点でメリットの多い方法なのです。

結果的に企業の生産性アップや売上アップにつながったという声もよくインターネットなどで、耳にすることが多くなっています。大体平均的な価格相場は点万円から15万円程度ということになっていますが、機能を絞り込んだりすることによって、さらに安く導入していくことなども他のではありません。よくそういった点を注意して的確に商品を選び出していくことが何よりも大切になってくるのです。義務化した国土交通省は納入の際にかかってしまう費用などを支援する、という可能性もデジタコが出てきていますし、デジタコがそうした話も出ていますので、よくそういったこともチェックしておく事が、スムーズな導入を可能にしてくれることは間違いないのです。

デジタコのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です