役立つ機能があるデジタコ

一部のトラックに装着するのが義務付けられているタコグラフの中でも、近年注目を集めているのはデジタル式の製品です。デジタコは自動車を運転している際の速度や時間、距離などをカードやクラウドに記録しておくことができる運行記録計です。アナログ式の製品には無かった、様々な機能がついていることが多くあります。デジタコの中には、運行開始ボタンを押し忘れることを防ぐための機能を持っている製品があります。

うっかり押し忘れてしまうと記録をすることができないばかりか、違反になってしまうことになるので注意が必要です。しかし毎日のこととなるとついうっかり押し忘れることは大いに考えられます。その点、押し忘れ防止機能が付いていれば、無用なトラブルを避けることができるので安心です。デジタコの中には、メモリーカードが不要な製品もあります。

多くのデジタル式の運行記録計は、カード型のメディアに情報を記録する仕組みになっていることが多いです。しかし近年では、カード不要でwebでデータを送信してできるものも増えています。カードがなくてもデータを受け渡すことができるので便利です。こういったタイプのデジタルタコグラフは、リアルタイムで情報を確認できるようになっていることも少なくありません。

車が現在どこにあるのか、どのようなルートを通っていたのかなどを離れていても知ることが出来るのが特徴です。リアルタイムで指示を出せるのも良い点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です