クラウド型もあるデジタコ

車の稼働状況を把握するのに使われるデジタコをはじめとした運行記録計は、一部の業務用の車両に装着が義務付けられています。速度や距離、エンジンの回転数などを記録することができる装置です。長時間、休みなく運転をし続けていると事故を起こす危険性が高まります。そのため道路の安全を確保するために、義務付けられるようになりました。

もし取りつける必要がある車にデジタコなどを付けていなかったら、違法行為となってしまいます。記録媒体がセットされていなかった場合でも違反になってしまうので注意が必要です。これらのような場合には一般違反行為にあたり、違反点数が1点加算されます。メモリーカードを使用するデジタコでは、場合によってはカードを入れ忘れてしまうこともあるかも知れません。

しかし最近ではそのような心配のない、クラウド型のデジタコもあります。このタイプの製品は運行時間や速度などのデータを、ネット上に保管するのが特徴です。メモリーカードが手元になくても、いつでもwebから状況をリアルタイムでチェックできるのが特徴です。リアルタイムの情報はパソコンでチェックすることができますが、一般的に特別な専用ソフトを用意する必要もないので便利に利用することができます。

クラウドのデジタコは離れているところにいながら車の現在の様子も知ることができるので、リアルタイムで安全管理をすることが可能です。必要があればその場で指示をすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です