【デジタコ】の導入手順をきっちり理解しよう

最近タコグラフについてタクシー業界運送業界などで、デジタコがよく話題になっています。国土交通省が中型以上のトラック全てに設置するように義務づけを決定したためです。そのような決定は、結果的に事業費用を捻出しなければいけない事業運営者にとっては、ややマイナスに働いてし、まうという面もありますが、一方で最新のタコグラフを導入するためのきっかけと考えることもできなくはないのです。昔と異なりタコグラフの機能性は大変高くなってきており、事業の生産性を向上させる重要なアイテムともなってきています。

アナログタイプであると紙に記録されたチャート紙をしっかりと読み取らなければいけないといった問題点やそれを日記に書き移さなければいけないといった点で、労力や手間かかってしまう難点がありましたが、デジタルタイプであるとリアルタイムで、デジタコがドライバーの状況記録されていくようになるため読み取る手間なども必要ありませんし、いちいち日誌に書き写す必要などもなく何かあった時などにチェックするだけで良いという状況になりえます。価格を抑えたいというふうに考えているのであれば、しっかりと情報集めをしておくことが何よりも大切になります。基本的に大体価格相場としては、デジタコが30万円から40万円程度になりますが、うまく機能絞り込むことで、アナタコとほとんど値段の変わらないものもあります。よく導入目的などを明確にし、必要な機能だけの商品を手に入れられるように心がけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です