様々な機能があるデジタコ

一部のトラックに装着が義務付けられているタコグラフには、デジタル式とアナログ式があります。アナログ式のものは今でも使われていますが、最近ではデジタル式のものが選ばれることが増えています。デジタルデータを、メモリーカードやクラウドに記録することができるのがデジタコの特徴です。運行記録を印刷して日報にすることができたり、製品によってはリアルタイムで状況が知れたりします。

様々な製品がありますが、リーズナブルな価格のものは比較的シンプルな造りとなっていることが多いです。装着義務がある車では、タコグラフが壊れていたりメモリーカードを入れていなかったりして記録できない状態で運行すると違反になります。しかしデジタコの中には、スイッチを手動でいれなくてもエンジンをかけると自動的に記録を始めてくれるものや、スイッチを入れずに運転すると、記録されていないことを知らせてくれる機能が付いていたりするものがあるので便利です。うっかり白キップの違反をしてしまわないようにすることができるでしょう。

またデジタコの中には、免許証でドライバーを識別する機能が付いていることもあります。これによって、簡単に個人ごとに情報を管理することができるので便利です。ほかにもデジタコは、ドライブレコーダーの機能を持っている製品もあります。車線を逸れたときや車間距離に応じて警告する機能が付いている製品は、より安全な運転に役立つ可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です