手頃な価格のデジタコ

安全管理の目的で業務用の一部の車両で使われているデジタコは、様々な情報を記録することができるアイテムです。ドライバーが法定速度が守られているか適度な休憩をとっているかを知ることができるほか、長時間運転し過ぎてしまわないように管理したりするのに役立ちます。事故が起こった時には、状況を分析する際に使われたりもするのがタコグラフです。そのようなデジタコには様々な製品があり、価格の幅も広いです。

安いものでは5万円程度から購入できるものが売られています。こういった手ごろな価格のものでも、必要とされる最低限の機能は揃っているのが一般的です。またリーズナブルな価格のデジタコは、シンプルな操作で使えるものが多くあります。機械が苦手な人でも開始から終了まで簡単に使えることが多いです。

比較的サイズが小さい場合が多いもの、手頃な価格で売られているデジタコの特徴です。そのためスペースに余裕がない場合でも取りつけやすいことがあります。これらのようなデジタル式のタコグラフは、安いものではアナログタコグラフとそれほど変わらない価格で売られているのが特徴です。しかしSDカードに情報を記録するデジタコは、アナログ式のものと比較するとランニングコストを軽減させることができるというメリットがあります。

そのようなことからもこれから導入する必要があるのであれば、アナログ式のものよりもデジタルタコグラフを選ぶ方がよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です